CyberZがClouderaによりビッグデータ環境を短期間でクラウド移行

スマートフォンに特化した広告マーケティング会社CyberZは、スマホ広告の効果把握・分析ツールを国内で展開しています。しかし、オンプレミス環境で立ち上げた同ツールには、ビッグデータ環境の属人化や、運用保守負担の増大、グローバル展開の困難さといった課題も抱えていました。

そこで、同社が考えたのがクラウドへの移行です。「Amazon Web Services」(AWS)に移行するとともに、ベンダーロックインの発生しないデータ統合基盤を採用。複数アカウントやクラスタでの柔軟な運用、高信頼なジョブ管理やオペレーションを容易に実現できることも大きなメリットでした。

この新たな環境によって、従来の課題を解決するだけでなく、事業開発におけるスピード向上にもつながりました。本資料では、ビッグデータ環境のクラウド移行がもたらすメリットと、その効果的な移行に成功した同社の手法を詳しく紹介いたします。

ダウンロード登録する

あなたの興味に感謝します!

まもなく確認メールが届きます